面接で担当者の目を引く志望動機の書き方

応募者の人間性がわかる履歴書を作ることが大切です。

履歴書では必須項目となっている志望動機は、書くときになって思い浮かばない物です。

大学生の就職活動ならある程度時間を取り考えますが、転職やアルバイトの面接ではうまく思いつきません。

 

最終的には、よくある内容になってしまいがちです。

志望動機は面接での印象と同じくらい担当者にイメージを与えます。

せっかく経験があったとしても志望動機にうまくまとめれていないと意味がありません。

最近では、履歴書である程度落とすところも多くなり志望動機がありきたりではまず受かりません。

あなたがどのような経験を持ちその経験をどう生かしたいかしっかり伝える必要があります。

志望動機にはどの様な内容を書くべきなのか?

よく志望動機には「成長したい」「経験を積みたい」という内容は書いてはいけないと言われます。

この様な書き方だとアピール性もなく読んだ側からすると良いイメージは持てません。

学校に入学して、友達を作る時に「君と仲良くなって成長したい」と言っているのと同じです。

「私もスノボー行ったことあるよ。仲良くなったら一緒に行こう!」と言った方が仲良くなろうと思いますね。

経験と関連性をアピールする

受動的なイメージに取られる内容はもちろんですが「成長したい」という書き方では、あなたがどのような人間であり、どの様な経験がありそこで働くことによって貢献できる人間なのか
というイメージが全くわきません。

志望動機と言うのは、自分を売り込みことで会社の為になるからこそ志望した。と言う事が履歴書を見ただけでに伝わる内容でないといけません。

ですから、接客業なら「人と打ち解けるのが得意」「スポーツをしていて元気な性格」など難しい内容を考えられなくても経験から、そこでどう活躍できるか書く必要があります。

しかしながら、この様な内容で書けたからといってあまりにも短文だと意味がありません。

志望動機にある程度書いておいて、面接でしっかり伝えよう!では受からないのです。

志望動機欄は出来るだけ大きい履歴書を手に入れ、出来るだけ多くのことをアピールしましょう。

履歴書にマイナスを与える内容は書いてはいけないのか!?

履歴書の志望動機を書く時はないなすなイメージを与える書き方には注意しなければいけません。

面接担当者によってそのとらえ方には差がありますがわざわざマイナスなイメージを与えることを書く必要ないのです。

良くある言い回しにも注意

単純にマイナスなイメージを与える内容の他にもありふれた内容、よくある言い回しは良くありません。

「興味を持ちました」や「自分に合う」などのフレーズは面接担当者が良く見ているので除外されます。良くても、普通の人間なんだな!と思われるだけです。

何人もの応募者がいるにもかかわらず、あえて普通の人間を選ぶはずがありません。

「普通の方が雇いやすい」のでは?と思うかもしれませんが何人も見ている担当者からすると「魅力のない人」と受け取られます。

担当者が呆れる志望動機

最近、面接担当者が呆れている内容が

  • 「人と接する仕事がしたい」
  • 「お客さんに喜ばれたい」

という内容です。

いい言葉に見えますが、大まかで薄っぺらい内容です。

なぜ人と接するする仕事がしたくて尚且つその会社やお店をなぜ選んだのか書く必要があります。

薄っぺらいないようでは、対象となる会社やお店は無数に存在します。

その仕事や応募先を選んだ理由になっていないばかりかただの憧れ心であったり、趣味のイメージで面接を受けにきた印象を持たれてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました